時代おくれの男になりたい

時代おくれのブログ

奢らない男

 

200X年

 

ぼくは、ある会社の役員と仲が良かった。

めちゃめちゃ急成長している会社で、イメージとしては、今で言うLINE社とかに相当するだろう。

 

彼は、何故だか、僕のことを気に入ってくれて、色んな所に連れまわしてくれた。就職のアドバイスもしてくれたし、トップモデル達(山〇優などなど)を紹介してくれたりもした。

 彼はとても気前が良い男だったのだ。

 

ある日、とても良いお店に飲みに行き、会計を済ませてくれた彼は、最後に「1000円だけ頂戴」と言った。

僕は、快く払った。

 

そして、こう付け加えた。

「オマエ、これから社会人になって、金持つようになると思うけど、全額奢るってことはしない方が良いよ。」

 

僕は聞いた。

「え?なんでですか?金持っているなら、奢ってあげた方が、カッコ良くないですか?」

 

彼は答えた。

「偉くなればなるほど、周りに人ってのはたくさん集まってくるんだよ。

そんな中で、俺の話に興味があるのか、美味い物が食えるから集まってくるのか、わからないだろ。

だから、絶対に奢ったりはしないで、相手にも少しは金を払わせるんだよ。

でないと、気づいた時には、どーでも良い奴らに囲まれてることになるぞ。」

 

この話を聞いて、僕は、決心した。

 

奢るのは止めよう。

お金を出すのは、何か感謝を伝える時

だけにしようと。